ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『華族 最後の戦い』(ドキュメンタリー)

華族 最後の戦い(2017年・NHK)
NHK-BS1 ドキュメンタリードラマ

b0189364_18162790.jpg木戸くんと近衛くん

 元内相の木戸幸一、元首相の近衛文麿、元内相秘書官の松平康昌が、戦中・戦後にどのような活動を行って、天皇制、華族制度などを含む「国体」を守ろうとしたかを描く。ちなみに木戸は侯爵、近衛は公爵、松平は侯爵(いわゆる華族)で、彼らは天皇制を守ることこそが自分たちの地位を守ることであるというコンセンサスの下で行動していたという。
 ドキュメンタリードラマという体裁になっており、木戸幸一は佐野史郎が演じる。演じると言っても、NHKの松平定知のインタビューを受けるシーン(これがこのドキュメンタリーのメイン)と東京裁判の尋問を受けるシーン以外にはない。よって、ドラマ仕立てにする必然性があったのかははなはだ疑問。
b0189364_18163114.jpg このドキュメンタリー番組の価値としては、木戸幸一と近衛文麿の立場やスタンスがわかるという点が挙げられるが、それ以上ではない。実際のところ、2時間という長い放送枠の割には内容が乏しかったというのが率直な印象である。少し前に放送された『ドラマ 東京裁判』と雰囲気が似ていたため、あの番組のスピンオフか、あるいは同じスタッフだったのか判然としないが、まあそんなことはどちらでも良い。結局、大した見所はなかったというところに落ち着くのである。
★★★

参考:
竹林軒出張所『ドラマ 東京裁判 (1)〜(4)(ドラマ)』
竹林軒出張所『昭和史 1926-1945(本)』
竹林軒出張所『昭和史 戦後篇(本)』

by chikurinken | 2017-10-07 07:16 | ドキュメンタリー
<< 『戦後ゼロ年 東京ブラックホー... 『幻の色 よみがえる浮世絵』(... >>