ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『奈良へ行くまで』(ドラマ)

奈良へ行くまで(1998年・テレビ東京)
演出:松原信吾
脚本:山田太一
音楽:本多俊之
出演:奥田瑛二、安田成美、村上弘明、佐藤慶、山崎努、石橋蓮司、篠井英介、石丸謙二郎、小倉一郎、平泉成

なぜ奈良なのかは最後までわからなかった

b0189364_18511052.jpg 『せつない春』に続くテレビ東京製作の山田ドラマ第2弾。これも経済のテレビ東京らしくビジネスに関わる話で、建設会社の談合をあぶり出した意欲作。副題に「夫が汚職に踏み切る時」というタイトルが付いていてセンセーショナルだが、結果的に見てられないほどの悲惨な状況には陥らない。建築談合については非常に面白い扱い方で、素材がはなはだ新鮮である。もっともそれだけで終わるとドラマとしては奥行きがない浅いものになってしまうが、そこはやはり山田太一、しっかり夫婦のあり方、友人との関係なども描かれて、重層的で奥行きを感じさせるものに仕上がっている。不倫を匂わせる『岸辺のアルバム』みたいな要素まで出てくるし、途中、夫が美人妻を自分の仕事のために妻に言い寄っている友人の元に行かせるなど、AVみたいなストーリー展開もあって(エロシーンはありません)、人間の関係性を描かせたら山田太一の右に出る者はないなとつい感じてしまう。ただし、なぜ最後に奈良が出てくるのかはわからない。なぜ奈良なのか、なぜタイトルにまで使われるのか、俳句みたいに直接関係のない別物を並べてそこに味を出したのではないかと推測するが、それでもなぜ奈良なのかはわからない。別に奈良でも良いし実のところそれほど気になるわけではないが、こういう使い方については随分思い切ったなーとは思う。
 今回見るのは二度目だが、内容についてはまったく憶えていなかった(この後のテレビ東京版山田ドラマ『小さな駅で降りる』『香港明星迷』『本当と嘘とテキーラ』については部分的に憶えている)。しかし内容はかなり濃密で決して侮れない作品である。なんと言っても、政治家役の山崎努、怪しいジャーナリスト役の石橋蓮司のタヌキぶりがすごい。タヌキぶりと言えば、主人公に汚職をそそのかす同僚役の佐藤慶は、これはもう放送史に残るような名演で、数ある佐藤慶出演作品の中でも屈指のタヌキキャラクターではないかと思う。また安田成美の美しさも群を抜いている。主人公のエリート同級生(村上弘明)が参ってしまうのも仕方がないという見事なキャスティングである。山田ドラマの常連が揃っている上、うまい役者が勢揃いしていて、ストーリーと言いキャスティングと言い、申し分のない贅沢なドラマである。
1997年度ギャラクシー賞奨励賞、1998年日本民間放送連盟賞最優秀賞受賞
★★★★

参考:
竹林軒出張所『せつない春(ドラマ)』
竹林軒出張所『小さな駅で降りる(ドラマ)』
竹林軒出張所『香港明星迷(ドラマ)』
竹林軒出張所『本当と嘘とテキーラ(ドラマ)』
竹林軒出張所『山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『続・山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『100年インタビュー 脚本家 山田太一(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-09-28 06:50 | ドラマ
<< 『小さな駅で降りる』(ドラマ) 『ねてもさめてもとくし丸』(本) >>