ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『ストラディバリウスをこの手に!』(ドキュメンタリー)

ストラディバリウスをこの手に!
(2010年・カナダROTATING PLANET Productions)
NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー

コンテストものだが
あまり興味は湧かなかった


b0189364_20175812.jpg カナダでは、若き演奏家に、ストラディバリウスなどの弦楽器の名器10数台を3年間(最長で6年間)貸し出す制度がある。ただし、そのためのコンテストがあり、そのコンテストで勝ち抜いたらという条件が付く。とは言え、普通であれば触ることすらできない高価な楽器を使うチャンスが得られるということで、演奏家の卵は入賞目指してがんばることになる。ちなみに上位入賞者から好きな楽器を選んでいけるらしく、人気のある楽器を使うためには上位入賞が必須条件である。このコンテストの様子に密着するのがこのドキュメンタリー。
 なかなか興味深い話ではあるが、こういうコンテストものは(グレート・レースもそうだが)参加者にどれだけ肩入れできるかで見ている側の面白さが違ってくる。残念ながらこのドキュメンタリーについては、参加者に対する思い入れはまったくないし、誰かが勝利してストラディバリウスをゲットしたところで、その演奏家の演奏を聴くこともおそらくないだろうし、そういう点ではまったく興味が湧かなかった。単に、中国系、韓国系の演奏家が多いなと感じたくらいで、それ以上の感慨はない。
 おそらく、日本でもこういったシステムがあるのではないか(現に日本の若い演奏家も名楽器を借りたりしているようだ)と思うが、そういうところに日を当てるドキュメンタリーであれば、我々の身近であることもあり、あるいはより親近感が湧くかも知れないと感じる。NHKあたりが日本版を作ってNHKスペシャルあたりで放送したら良いかも知れないなどと考えるが、僕自身がその番組を見るかどうかはわからない。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『バイオリンの聖地クレモナへ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『至高のバイオリン ストラディヴァリウスの謎(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『もうひとつのショパンコンクール(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-05-13 07:17 | ドキュメンタリー
<< 『E・トッドが語るトランプショ... 『裸の太陽』(映画) >>