ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『裸の太陽』(映画)

裸の太陽(1958年・東映)
監督:家城巳代治
原作:氷室和敏
脚本:新藤兼人
音楽:芥川也寸志
出演:江原真二郎、丘さとみ、中原ひとみ、仲代達矢、高原駿雄、山形勲

b0189364_20592037.jpg平凡な明朗青春ドラマ

 仲代達矢繋がりで見たが、映画自体はきわめて平凡。鉄道労働者たちがみんなで「竈焚きの歌」を歌うなど、見ていて気恥ずかしくなるような演出もあり、あまり感心しない。貧困問題も顔を覗かせるが、全般的に明朗青春ドラマで終始している。例によって仲代達矢は存在感があるが、なんだかはっきりしないよくわからないキャラクターではある。
 江原真二郎が主人公で、その後実生活で彼と結婚する中原ひとみも出ているが、2人の絡みは一切ない。
 主人公が機関車に石炭をくべる乗務員(「竈焚き」)であるため、途中、蒸気機関車が大地を疾走する映像がふんだんに出てくる。『ある機関助士』を思い出させるシーンもありなかなか迫力があったが、思えばこのシーンが唯一の見せ場であった。映画としては総じて平凡という印象である。
 余談ではあるが、作詞家の山口洋子が端役(丘さとみの同僚役)で出ていた。なんでも山口洋子、作詞家になる前は東映ニューフェイスとして女優デビューしていたらしい。
ベルリン国際映画祭青少年向映画賞受賞
★★★

参考:
竹林軒出張所『ある機関助士(映画)』
竹林軒出張所『姉妹(映画)』
竹林軒出張所『路傍の石(映画)』

by chikurinken | 2017-05-11 06:58 | 映画
<< 『ストラディバリウスをこの手に... 『上意討ち 拝領妻始末』(映画) >>