ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『プロミスト・ランド』(映画)

プロミスト・ランド(2012年・米)
監督:ガス・ヴァン・サント
原案:デイヴ・エガーズ
脚本:ジョン・クラシンスキー、マット・デイモン
出演:マット・デイモン、ジョン・クラシンスキー、フランシス・マクドーマンド、ローズマリー・デウィット、ハル・ホルブルック

『ガスランド』を劇化したような映画

b0189364_20581734.jpg シェール・ガス開発会社で、地権者から掘削権を得る仕事をしている遣り手のビジネスマンが、やがて自分の仕事に疑問を感じるというストーリーの映画。
 以前放送されたドキュメンタリー、『ガスランド』を地で行くようなストーリーで、『ガスランド』で紹介されたような事例(水道水に火が付く、水を飲んだ家畜が謎の死を遂げるなど)が、登場人物によって語られる。内容は、シェール・ガスに対して非常にネガティブなもので、環境保護運動の一環として作られた映画かと錯覚するほど。そうは言うもののハリウッド映画であるため、映画として完成度が高いのは言うまでもなく、ドラマとしてもよくできている。ただし字幕のせいかも知れないが、終わりの方の種明かしがなんだかよくわからず、最後は非常にモヤモヤした。そこまでストーリー展開がうまく進行していたため、かえすがえすも残念である。
 主演のマット・デイモンと助演のジョン・クラシンスキーが製作、脚本を行った映画であるため、基本的には彼らが主導で作った映画と見なすことができる。彼らの演技はもちろん一級だが、それだけにとどまらず、こういった類の映画を製作できるという点を考えあわせると、彼ら演技者とハリウッドの懐の深さは計り知れないと言わざるを得ない。大したもんである。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『ガスランド(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『岐路に立つタールサンド(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『シェールガス開発がもたらすもの(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『脱原発。天然ガス発電へ(本)』
竹林軒出張所『プライベート・ライアン(映画)』
by chikurinken | 2017-03-14 06:57 | 映画
<< 『クロムウェル 英国王への挑戦... 『ロンゲスト・ヤード』(映画) >>