ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『スーパーの女』(映画)

スーパーの女(1996年・伊丹プロダクション)
監督:伊丹十三
原作:安土敏
脚本:伊丹十三
出演:宮本信子、津川雅彦、金田龍之介、矢野宣、六平直政、高橋長英、三宅裕司、あき竹城、松本明子、小堺一機、伊東四朗

b0189364_745539.jpg「それなり」の映画……

 近所にできた安売りスーパーの安売り攻勢で疲弊したスーパー、正直屋を、主婦が立て直すというストーリーの映画。伊丹十三の映画らしく、スーパーマーケットの裏側が暴かれて興味深い上、映画としてもよくまとまっていて、お気楽に楽しめる作品に仕上がっている。とは言え、なんだかいかにも予定調和的なのも、同じ監督の『マルサの女』と共通する特徴で、見た後少々物足りなく感じる。公開当時結構話題になったが、個人的にはこの頃の伊丹映画にはあまり期待していなかったし、こんなもんだろうという印象もある。「それなり」の映画……などと言ったら製作者たちに失礼かも知れないが、お気楽で「予定調和的」という言葉がピッタリ合う映画ではある。
第20回日本アカデミー賞優秀作品賞受賞
★★★

参考:
竹林軒出張所『お葬式(映画)』
竹林軒出張所『タンポポ(映画)』
竹林軒出張所『マルタイの女(映画)』
竹林軒出張所『ミンボーの女(映画)』
竹林軒出張所『大病人(映画)』
竹林軒出張所『小説より奇なり(本)』

by chikurinken | 2017-03-06 07:46 | 映画
<< 『ミンボーの女』(映画) 『赤ひげ』(19)(ドラマ) >>