ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『マンガ 孔子の思想』(本)

マンガ 孔子の思想
蔡志忠著、和田武司訳、野末陳平監修
講談社+α文庫

『挿絵付き 孔子入門』というタイトルが適切

b0189364_814641.jpg 孔子の思想をマンガで表現しようという本。「孔子の一生」、「孔子の弟子」、「論語」の3部構成になっている。このうちマンガとして機能しているのは「孔子の一生」だけ(と言っても絵の動きはほとんどないと言って良い)で、後はマンガというより挿絵にしかなっていない。そのため、マンガで手っ取り早く論語の内容を知りたいという目的には適わない。行ってみれば論語のごく一部を日本語訳しているというレベルである、「論語」については。「孔子の弟子」については、なぜこのような章立てが必要なのかもよく分からない。内容もまったく面白味がない。
 マンガを描いている蔡志忠という人は台湾のマンガ家ということだが、絵はそれなりにうまいが、マンガというものをあまり理解していないんじゃないかと感じる。もちろん「論語」をマンガ化するのが難しいのは重々承知だが、この程度で「論語」をマンガにしたと思っているのであれば、お門違いである。
 実はこの本、大分前に買っていて読まないまま処分したという代物で、今回再び(無駄とは知りながら)古本を買って読んでみたわけであるが、前の判断が正しかったことを再確認できた。著者の労は買うが、面白いとか役に立つとかいうレベルにはまったく達していない。何でもマンガ風にすれば良いってもんじゃない。
★★☆

参考:
竹林軒出張所『史記 (横山光輝版)(本)』
竹林軒出張所『三国志 (1)〜(30)(本)』
竹林軒出張所『項羽と劉邦 (1)〜(3)(本)』
by chikurinken | 2017-01-05 08:02 |
<< 『この世でいちばん大事な「カネ... 『腸内細菌が家出する日』(本) >>