ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『ハイテク化する国境』(ドキュメンタリー)

ハイテク化する国境(2016年・仏CAPA PRESSE)
NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー

国境管理に群がる軍需産業という構図

b0189364_649851.jpg ヨーロッパやアメリカで移民の締め出しを行うために国境管理が厳しくなっているが、管理を簡素化するためにハイテク化が進んでいるという現状の報告。
 移民の人数はかなり水増しで報告されている事実があり、実際の中東からのヨーロッパへの移民は報告されているデータの半分くらいだそうで、こういったデータにより現地住民の危機感が意図的に煽られているのだという。一方で国境管理を厳しくして壁を厳重にすれば莫大な資金がかかる。そのため少しでも費用を節約しようということで、ドローンや偵察機などのハイテクを利用することで、管理を簡略化し資金も節約しようという流れになる。そこに付け入ってくるのが軍需産業で、政府へのロビー活動を通じて数々の新兵器を導入させるが、実際上これがまったく機能していないという状況も発生している。
 移民の危機が煽られ国境管理が軍需産業のもうけ口になっているという現実、そしてそれに群がる人々が描かれていくが、マッチポンプ式の茶番のようにも見える。移民は難しい問題ではあるが、一方でそれによるメリットもあるわけで、もう少し合理的にものごとを考えるべきではないかなどと考えさせる、そういうドキュメンタリーである。「不法移民」の現状がよくわかる番組であった。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『ISからの脱出(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『“アラブの春”が乗っ取られる?(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『イエメンのアルカイダ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『映像の世紀 第10集〜第11集(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2016-12-07 06:49 | ドキュメンタリー
<< 『捨てられる養子たち』(ドキュ... 『子どもに広がる銃社会』(ドキ... >>