ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『暮れ逢い』(映画)

暮れ逢い(2013年・仏ベルギー)
監督:パトリス・ルコント
原作:シュテファン・ツヴァイク
脚本:ジェローム・トネール、パトリス・ルコント
出演:レベッカ・ホール、アラン・リックマン、リチャード・マッデン

b0189364_2251785.jpg「暮れ逢い」って何?

 パトリス・ルコントの恋愛映画。変わったタイトルなので(古い翻訳の)原作ものかと思って見ていたが、案の定ツヴァイクという人が書いた作品が原作という話である。それにしても誰が最初に翻訳したのか知らないが「暮れ逢い」って何なのだ。映画を見た後でもさっぱり合点がいかぬ。
 ストーリーは割とありきたりな不倫メロドラマであまり感じることもなかったが、年齢のせいか、道ならぬ恋に邁進する若者を目にすると「なんでわざわざ問題を起こすかな」という視点で見てしまう。もっとも問題が起きなければドラマにならないのは重々承知。
 映像については、女性の身体に向けたエロティックな視線が表現されていたりしてルコントらしいと言えるが、やはりストーリーに目新しさが感じられない。登場人物の生活に第一次大戦やメキシコ革命の影響が及ぶ点は時代背景を感じさせて興味深いが、コアとなる骨格部分に新鮮味があまりないのが少々残念。ただ女性の、何というかお姫様願望というか愛されたい願望というか、そういうようなものが表現されているようで、そういう点にはリアリティを感じる。ストーリーに新鮮味はないにしても、生身の人間を感じるような部分があちこちにあって、やはり細部にはルコントらしい味わいがある。神は細部に宿るということか。
★★★

参考:
竹林軒出張所『仕立て屋の恋とフェリックスとローラ(映画)』
竹林軒出張所『フェリックスとローラ』(映画)』
竹林軒出張所『髪結いの亭主(映画)』
竹林軒出張所『親密すぎるうちあけ話(映画)』
竹林軒出張所『橋の上の娘(映画)』
竹林軒出張所『ぼくの大切なともだち(映画)』
竹林軒出張所『イヴォンヌの香り(映画)』
by chikurinken | 2016-11-01 07:03 | 映画
<< 『歓楽通り』(映画) 『スーサイド・ショップ』(映画) >>