ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』(映画)

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い(2009年・伊西)
監督:カルロス・サウラ
脚本:カルロス・サウラ、ラファエロ・ウボルディ、アレッサンドロ・ヴァリーニ
出演:ロレンツォ・バルドゥッチ、リノ・グアンチャーレ、エミリア・ヴェルジネッリ、トビアス・モレッティ、エンニオ・ファンタスティキーニ

b0189364_7335546.jpg半生を紹介するだけで
大した波風も立たない


 モーツァルトのオペラ、『フィガロの結婚』と『ドン・ジョヴァンニ』の台本を書いたロレンツォ・ダ・ポンテの半生を描く映画。
 不徳の罪(映画では説明不足でなんだかよくわからなかったが)でヴェネツィアを追われたダ・ポンテが、ウィーンに赴き、そこでサリエリやモーツァルトと出会うというようなストーリー。ヴェネツィア以外のシーンでは、大した事件も起こらず、波風もさして立たずで、著しく面白味に欠ける。非常に説明的なストーリーで退屈した。そう言えば邦題まで説明的だ。
 ダ・ポンテの生涯を紹介するドキュメンタリーみたいなレベルの話で、ダ・ポンテやモーツァルト、あるいは当時の風俗に興味があれば多少は楽しめるかも知れないが、たとえそういうものに興味があってもたかだか知れているという程度の映画である。そもそもダ・ポンテに映画として取り上げるだけの魅力や業績があるのかも疑問で、カルロス・サウラがどういう動機でこの映画を作ろうとしたのか、またどういう映画にしたかったのかも理解に苦しむところ。あるいはダ・ポンテに対してのっぴきならない関心があったのかも知れないが。
★★★

参考:
竹林軒出張所『モーツァルトの台本作者 ロレンツォ・ダ・ポンテの生涯(本)』
竹林軒出張所『モーツァルト 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(DVD)』
by chikurinken | 2016-10-29 07:37 | 映画
<< 『スーサイド・ショップ』(映画) 『女子ーズ』(映画) >>