ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『夏目漱石の妻』(2)〜(4)(ドラマ)

夏目漱石の妻 (2)〜(4)(2016年・NHK)
演出:柴田岳志、榎戸崇泰
原作:夏目鏡子
脚本:池端俊策、岩本真耶
出演:尾野真千子、長谷川博己、黒島結菜、満島真之介、竹中直人、舘ひろし

漱石のエピソードをマメに拾っていた

b0189364_7415142.jpg 夏目鏡子の『漱石の思い出』が原作の意欲的なドラマ。
 シリーズは第4回で終結ということで、最終的に75分×4の計300分のドラマになった。映画2本分に相当するが、それぞれの回ごとに、テーマがうまく設定されていて、漱石の作品史も俯瞰できるような作りになっている。第1回が『坊っちゃん』、第2回が『吾輩は猫である』、第3回が『道草』、第4回が『坑夫』と『文鳥』という具合にそれぞれエピソードが対応していて、漱石の創作過程をのぞき見るような感覚も得られる。そういう点で非常によくできたシナリオと言える。
 また鏡子役の尾野真千子と漱石役の長谷川博己も好演で、特に長谷川博己は漱石の狂気を見事に演じていた。有名な神経症のエピソードもきっちり取り上げられていて、うまく再現できていたと思う。派手さはあまりないが、当節では珍しい、非常によくできたドラマであると言ってよかろう。漱石の全集を読んでみようかと思った。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『夏目漱石の妻 (1)(ドラマ)』
竹林軒出張所『漱石悶々(ドラマ)』
竹林軒出張所『吾輩は猫である(映画)』
竹林軒出張所『こころ(本)』
竹林軒出張所『三四郎(本)』
竹林軒出張所『草枕(本)』
by chikurinken | 2016-10-24 07:42 | ドラマ
<< 『快刀乱麻』を聴く 『取材ディレクターが語る18の... >>