ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『ダイナマイトどんどん』(映画)

b0189364_7435335.jpgダイナマイトどんどん(78年・東映)
監督:岡本喜八
原作:火野葦平
脚本:井手雅人、古田求
出演:菅原文太、宮下順子、北大路欣也、嵐寛寿郎、金子信雄、岸田森、中谷一郎、フランキー堺、小島秀哉、石橋正次

もう奥さん、マンガやわ

 街の中で抗争を繰り返すヤクザ組織が、抗争をやめて野球で決着を付けるという奇想天外なストーリーの映画。この映画、言ってみれば「東映のヤクザ映画」なんだが、かつての東映任侠映画のパロディみたいなシーンも多く(菅原文太や金子信雄というキャスティングがそもそもパロディめいている)、同じ年に作られた東映作品『冬の華』と似たようなテイストがある。この映画のストーリーと同じように、東映自体もヤクザ路線からソフト路線に舵を切っていたんだろうか。
 映画は岡本喜八作品らしく破天荒で、秩序を欠いた映像があちこちに出てきて、見ているとかなり不快になる。やはり人間、秩序を必要としているのだということが実感できる。ストーリー自体も破天荒で、まるで野球マンガである。『ドカベン』とかの水島新司作品を実写化したらこんな感じになるかというようなもので、バカバカしさを感じるようなネタが多い。野球マンガと任侠映画のハイブリッドと言えば一番近いか。原作は『麦と兵隊』の火野葦平。これも意外。
 キャストはそれぞれはまっていて、特に岸田森の不気味さは最高である。嵐寛寿郎も妙な親分を演じていて味がある。宮下順子がやけに色っぽいのもヨイ。
★★★

参考:
竹林軒出張所『日本のいちばん長い日(映画)』
竹林軒出張所『肉弾(映画)』
竹林軒出張所『青葉繁れる(映画)』
竹林軒出張所『姿三四郎(映画)』
竹林軒出張所『殺人狂時代(映画)』
竹林軒出張所『冬の華(映画)』
by chikurinken | 2016-10-07 07:44 | 映画
<< 『私はモナリザ』(ドキュメンタリー) 『日本のいちばん長い日』(映画) >>