ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『手作りラジオ工作入門』(本)

b0189364_2034419.jpg手作りラジオ工作入門
聴こえたときの感動がよみがえる

西田和明著
講談社ブルーバックス

地味すぎて食指が動かない

 かつては中高生の趣味として電子工作(エレクトロニクス)などというものがあってその種の本も雑誌もいろいろと出ていたが、時は移り今ではこの手の本がめっきり少なくなって入手も難しくなってきた。
 ブルーバックスからこういった類の本が出ているというのは少々意外な気もしたが、『手作りラジオ工作入門』という本である。早い話が、簡単なラジオ(ストレート・ラジオというタイプ)のしくみを紹介して、その後作成例をいくつか紹介していくという、かつてのエレクトロニクス雑誌『初歩のラジオ』を思い出させるような構成の本。作成例で紹介されているラジオは6種類(この他に電源1種類)で、ハンダ付けさえできれば作れる程度のごく簡単なもの。ただこれを見て作ろうという気にならないような面白味があまりないものばかりで、そのあたりは残念な部分。それに見た目も非常にプリミティブでゴージャスさに欠ける。そういうこともあって食指がまったく動かない。作成例を示す本としては、ちょっと致命的ではないか。また、説明についても分かりにくい箇所や冗長な箇所があり、第三者が事前にチェックした方が良かったんじゃないかと思う。どうもこういう本は著者の独りよがりみたいなものに陥りがちで、この本もご多分に漏れない。
 ただそうは言っても、先ほども言ったようにこの手の本は今非常に少なくなっている。書店での品揃えが割合良いブルーバックスでこういう本が出ていることについては評価したいところである。ブルーバックスには他にもエレクトロニクス関連の本が何冊か出ているため、入門用としてこういう本が用意されているというのは良いかも知れない。ただし、もう少し子どもたちが食いつくような派手な工夫は必要だと思う。こういう体裁だと、かなりのオタクというか超マニアでなければ興味を持たないだろう。
★★★

参考:
竹林軒出張所『電子回路がわかる本(本)』
竹林軒出張所『図解 つくる電子回路(本)』
竹林軒出張所『日本懐かしオーディオ大全(本)』
竹林軒出張所『70年代アナログ家電カタログ(本)』
by chikurinken | 2016-08-01 06:33 |
<< 『電子回路がわかる本』(本) 『あこがれの家電時代』(本) >>