ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『重版出来』(2)(ドラマ)

重版出来 (2)(2016年・TBS)
演出:土井裕泰
原作:松田奈緒子
脚本:野木亜紀子
出演:黒木華、オダギリジョー、永岡佑、坂口健太郎、松重豊、中江有里、前野朋哉、荒川良々、安田顕

b0189364_856857.jpg少し新しさが見えてきた

 マンガ雑誌編集部を舞台とするマンガが原作のドラマ。
 第1回目はあまりに予定調和でガッカリだったが、第2回目は内幕ものとしてそれなりによくできていた。相変わらず主人公がハイパーな力を発揮するという点は変わりないが、この回は脳天気さが周囲に良い影響を与えるという、比較的リアリティのある展開で違和感がない。
 また今回は出版社の営業部がモチーフになっていたのも割合新鮮である。編集志望で出版社に入ったが営業部に回されやる気のない日々を過ごしている営業マン(坂口健太郎)が話の中心になっているが、これなんかは非常にリアリティのあるモチーフである。性格の違う主人公(黒木華)が(本人は意識せずに)この営業マンに仕事への取り組み方のヒントを与えるというストーリーも自然に流れる。比較的ありふれた展開ではあるがそれはまあご愛敬。
 次回以降は主人公がマンガ家の担当になるということで、再び編集部中心の話になりそうだが、もう少し見ても良いかなと思わせるような展開になってきた。
 生瀬勝久が営業部長を演じていたが、彼には異常な役が多いという印象があり(いまだに「槍魔栗三助」のイメージがあるし)いつもはそっちの方で好演しているわけだが、こういう普通の役も実にうまく演じていたのが僕としては意外だった。オダギリジョーも良い味が出てきた。黒木華は相変わらずオーバーアクトでいただけない。中江有里が書店員役でゲスト出演していたが、ドラマで見るのは随分久しぶりである。書店員(マンガ担当だが)役とはなかなか考えたもんだ。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『重版出来 (1)(ドラマ)』
竹林軒出張所『アオイホノオ (1)〜(6)(ドラマ)』
竹林軒出張所『アオイホノオ (7)〜(11)(ドラマ)』
竹林軒出張所『トキワ荘の青春(映画)』
竹林軒出張所『舟を編む(映画)』
竹林軒出張所『地を這う魚 ひでおの青春日記(本)』
by chikurinken | 2016-04-24 08:56 | ドラマ
<< 『奇跡の脳 ― 脳科学者の脳が... 『重版出来』(1)(ドラマ) >>