ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『新・映像の世紀 第1集』(ドキュメンタリー)

新・映像の世紀 第1集 第一次世界大戦 百年の悲劇はここから始まった
(2015年・NHK)
NHK総合 NHKスペシャル

第一次大戦はその後の歴史の導火線だった

b0189364_89359.jpg 1995年に放送されたドキュメンタリー・シリーズ『映像の世紀』の続編が放送されるはこびになったということで、期待はいやが上にも高まるわけだが、実際に放送されたものを見ると、存外退屈に仕上がっていてガッカリということになる。期待が大きかったこともあるが、それにしてもなんでこんなに退屈な構成になってしまったかと思う。20年間でNHKのスタッフの質が下がったのかと疑ってしまう(NHKも今やエリート集団と化しているから、職員の質が下がるのもわからないではない)。とは言ってもNHKが少し前に作った『カラーでよみがえる東京』なんかは割合よくできていたんで、余計今回のつまらなさが目立ってしまう。前のシリーズと比較してしまうせいかも知れないが、それを考えると、続編の宿命ってことになるのかな。
b0189364_810152.jpg 今回の第1集では「第一次世界大戦 百年の悲劇はここから始まった」という副題が付いていて、第一次大戦前後を扱うが、前のシリーズで言うと第2集に相当する部分である。第一次大戦時に毒ガスを開発したユダヤ系ドイツ人フリッツ・ハーバー(後にナチスに迫害を受ける)や、ロシア革命を主導したレーニン、アラビアのロレンスことT.E. ロレンスらにスポットが当たる。もちろん第一次大戦の非人間性も強調されるが、なんだかもの足りない印象が残る。
 第一次大戦時、東部戦線を打開するためにドイツがレーニンを支援してロシア革命を起こしたとか、英国がアラブ民族主義を利用してオスマン・トルコを崩壊に追い込んだとか、ユダヤ人実業家の資金的協力を得るためにパレスチナへの入植を認めたとか、そういったエピソードが中心で、第一次大戦のその後の世界への影響を強調したいという趣旨のようで、それはそれで面白い視点である。
 特にアメリカの参戦を促すため、連合国がウォール街に投資を求めたという視点は新しい。当初、米大統領ウィルソンが参戦に消極的だったにもかかわらず、資金回収を目論むウォール街の政府への圧力で、結果的にアメリカは参戦に踏み切ることになった(この番組によると)。また第一次大戦後、当初ドイツに賠償を請求しない方針だった連合国に、賠償を請求するよう圧力をかけたのも彼らである(ウォール街に英国から投資資金を回収できるようにしたいという目論見があったため)。このあたりは日露戦争でのアメリカの立場と同じで、経済人が戦争に関わってくる様子が描かれる。日露戦争と同じと言えば、ドイツがロシアを倒すためにロシア革命を起こさせるよう支援したというのも(ロシア革命支援工作を行ったという)明石元二郎大佐の諜報活動を彷彿させる。この頃から戦争が、当時国だけの懸案でなく国際的にさまざまなしがらみ(特に経済界)が生じ始め、しかも戦争自体が総力戦に移行しつつあることを象徴していると言える。しかしそのために戦争の影響力も格段に大きくなった。第一次大戦が、その後の歴史だけでなく他の地域にも多大な影響を及ぼし、悲劇を生み出すようになったのは歴史を見れば明らかである。たとえば、ロシア革命はその後70年間世界に人権侵害と殺戮を拡大させることになるし、ウォール街の利己主義はドイツに狂気の独裁者を生み出した。パレスチナはいまだに紛争が続き、当時の英国の二枚舌政策がイスラム民族主義による新たな紛争のタネになっている。第一次大戦は、1919年にいったん終結したが、実際には第二次大戦まで影響が続いており、第二次大戦と共に終結したという歴史観がこの番組では貫かれている。
 こういう視点は確かに2015年風で新しいんだが、ただ、最初から繰り返し述べているように見せ方があまりうまくない。途中眠りそうになっていったん見るのをやめたんだが、そういうことは先のシリーズでは一度もなかった。映像というすばらしい素材があるのに、もう少しうまくまとめられないものかと思う。第2集以降に期待したい。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『新・映像の世紀 第2集(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『新・映像の世紀 第3集(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『新・映像の世紀 第4集(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『新・映像の世紀 第5集(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『新・映像の世紀 第6集(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『映像の世紀 第1集〜第4集(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『映像の世紀 第5集〜第8集(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『映像の世紀 第9集(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『映像の世紀 第10集〜第11集(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『カラーでよみがえる第一次世界大戦(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『カラーでよみがえる東京(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2015-11-05 08:10 | ドキュメンタリー
<< 『風神雷神図を描いた男』(ドキ... 『佐知とマユ』(ドラマ) >>