ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『京都人の密かな愉しみ』(ドキュメンタリー)

京都人の密かな愉しみ(2015年・NHK)
NHK-BSプレミアム ザ・プレミアム

よそ者でも密かに愉しめる京都

b0189364_1421953.jpg 京都をモチーフにしたドキュメンタリーで、今年の正月に放送されたもの。
 ドキュメンタリーとは言っても、実質的には4本の寸劇風短編ドラマで構成されており、トータルとしてドキュメンタリータッチでまとめ上げられているという、ちょっととりとめのない構成である。ただし、のんびり見る分にはそういうことはまったく気にならず、そんなわけでかなり楽しめる。このドキュメンタリーの着眼点や基本的な視点はあくまでもよそ者的ではあるんだが、京都内部からの視点が全編を貫いており、(外部の者による)妙ちきりんな京都像というものではない。そんなわけで、京都の関係者でも安心して見ることができる……と思う。とは言うものの京都人役で出演する役者たちの京都弁は少々不安な感じもする。よそ者の僕にはそのあたり判然としなかったが。
 また、文化財の類も本物が登場しているらしく、他にも京都の知られざる名所が登場する他、京都の美しい風景もふんだんに出てくる。『雁の寺』でお馴染みの相国寺瑞春院の雁の襖絵も登場する。そのため、テレビの前で京都のさまざまな側面を多角的に楽しむことができ、いながらにして京都にどっぷりひたったような気分になれる。正月に放送される番組としては格別ではないだろうか。
 音楽が洗練されていたのも特筆ものである。エンドロールでは、武田カオリという歌手が歌った「京都慕情」が流れるが、これも非常に良い味わいである(現在のところCD化はされない模様)。
 なお、ドキュメンタリー(というかドラマ)のホスト役を務める外国人教師は団時朗、その教師があこがれる老舗和菓子屋の若女将は常盤貴子が演じている(京都弁に少々違和感あり)。タイトルはブニュエルの映画『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』から……だろうな。
第32回ATP賞グランプリ受賞
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『京都人の密かな愉しみ 夏(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『京都人の密かな愉しみ 冬(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『京都人の密かな愉しみ 月夜の告白(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『京都人の密かな愉しみ 桜散る(ドキュメンタリー)』
BSコラム『「京都人の密かな愉しみ」プロデューサーのつぶやき』
竹林軒出張所『漱石悶々(ドラマ)』
竹林軒出張所『京都御所 〜秘められた千年の美〜(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『外国人が見た禁断の京都(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『京都 冷泉家の八百年(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『雁の寺(映画)』
by chikurinken | 2015-03-25 01:43 | ドキュメンタリー
<< 『テレビに映る中国の97%は嘘... 『雨に唄えば』(映画) >>