ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『霧の波止場』(映画)

b0189364_8105557.jpg霧の波止場(1938年・仏)
監督:マルセル・カルネ
脚本:ジャック・プレヴェール
出演:ジャン・ギャバン、ミシェル・モルガン、ミシェル・シモン、ロベール・ル・ヴィギャン、ピエール・ブラッスール

ペペルモコ・カルネ風

 『天井桟敷の人々』の監督マルセル・カルネと脚本家ジャック・プレヴェールのコンビによる恋愛映画。主演はジャン・ギャバンで、相手役はミシェル・モルガン。
 内容はと言うと、波止場一帯を舞台にした数日間の話。ストーリー展開に少々複雑な部分があり、しかも途中までそれが隠されていたりするため、わかりにくい箇所はあるが、それなりに良く工夫されたストーリーではある。ただし途中から『望郷』とそっくりな展開になってきて、『望郷』と一緒じゃねーかと突っ込みを入れたくなるほどである。ある批評によると、『望郷』とこの『霧の波止場』がジャン・ギャバンの代表作ということだが、この2作、舞台と設定を変えた以外はほとんど共通である。主人公の男の性格なんかもかなり似ている。マルセル・カルネとジャック・プレヴェール、この映画の前年に公開された『望郷』にかなり影響されたと見える。だがこれだとほとんどパクリのレベルと言って良い。そういう点では不満だが、そうは言ってもエンタテイメントとしてはよくできていて、それなりに楽しめるというのもこの映画の特徴ではある。登場人物がそれぞれ非常に濃いのもとても良い。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『望郷(映画)』
竹林軒出張所『港のマリー(映画)』
竹林軒出張所『嘆きのテレーズ(映画)』
by chikurinken | 2014-07-23 08:11 | 映画
<< DVD換装その後 『舞踏会の手帖』(映画) >>