ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

ヤマグチさんからのメール

 ヤマグチさんからメールが来た。といってもクリスティー・ヤマグチでもなければ、山口ツトムさんでもない(ネタが古くて恐縮です)。
 何を隠そう、メールを送ってこられたのはあのシェリー・ヤマグチ氏で、京都の伝統文化におそろしく広いコネを持つ(と思われる)あの美女である(竹林軒出張所『外国人が見た禁断の京都(ドキュメンタリー)』)。あの番組ではコーディネーターみたいな立場で登場していたが、メールの文面から察すると、NHKの番組の制作に関わっておられる方のようで、NHKの人?なのかな。
b0189364_8445525.jpg メールの内容は、来週早々に放送される番組の件がメインで、これは皆さんにも早めにお知らせしなければなるまいということで、急遽この場でお知らせすることにした。案内ページを見る限り、指揮者の西本智実がバチカンでオラショを演奏するまでの過程を追うというもので、非常に興味深い。見たところ、NHKではあまり番宣に力を入れてないようで、もったいないよなーと思う。
 またメールには、「禁断の京都」シリーズは全部で6本あって、国内のNHKで放送されたのは件の2本だけということもあわせて書かれていた。こちらももったいない限り。ま、いずれ放送されるんじゃないかと思うが。
 ということで、ヤマグチさんのメールもそのまま掲載しようかと思う。本当ならヤマグチさんの許可を得るのが筋ってもんだが、緊急の番宣なんで事後承諾いただくってことで、ひとつよろしくお願いいたします。もし問題あるようでしたら、おっしゃってください(→ヤマグチさま)。

参考:
竹林軒出張所『外国人が見た禁断の京都(ドキュメンタリー)』

 以下文面。

-----------------

竹林軒さま

前略 いきなりお便りさせていただく御無礼、どうかお許しください。

はじめまして。
わたくしは、シェリー・ヤマグチと申します。
NHKの「禁断の京都」という番組の案内役をしております。
竹林軒さまには、番組を御高覧戴き、
さらに、真摯な御意見をブログに掲載していただきまして、
誠に有難く、心から感謝しております。

「禁断の京都」シリーズは、現在進行形で制作が進んでおり、
海外放送(NHK WORLD)では、既に6本を放送しております。
「Forbidden Kyoto」というタイトルです。
残念ながら日本語版は、竹林軒さまに御覧いただいた2本のみです。

昨今では、若者のTV離れが進み、ネット配信が主流だそうです。
わたくしとしては、あえてフルハイビジョンで制作し、TVで放送する番組は、
日本文化と、その精神性の高さを、圧倒的な美しい映像で伝えるべきであり、
日本人でさえ知らぬ禁断の世界を、世界に、日本に、発信したいと思料しており、
いくら予算が無いとはいえ、せっかく制作した残りの4本についても、
日本語版が制作され、日本国内で放送されるように願っていますが・・・。
視聴様からの強い要望が局に寄せられない限り、なかなか実現しません。
特に、竹林軒さまには、全シリーズ見て戴いて、
御意見や御感想をうかがいたいので、残念でなりません〜。

因みに、他の4本は、どのような内容かと申しますと、
NHK WORLDのHPに、予告編とラインナップが載っていますので、
お時間の許す時に、チェックしてみてください。

★Forbidden Kyoto番組HP

★番組ラインナップ

ところで、話は変わりますが、
わたくしが、ここ数年、全精力を費やして来た番組が完成し、
放送日時が決まりました。

長崎県の生月島に、今なお伝わる「隠れ切支丹」の祈りの歌「オラショ」が、
今から約500年前、宣教師に寄り日本に伝わった当時の形で、
強い百年の時を経て、ヴァチカンで演奏されました。
その過程を追った、ドキュメンタリー番組です。

今年の春に新法王に選出されたフランチェスコ1世は、
ヴァチカン派閥の中でもイエズス会に所属。
イエズス会から法王が選出されたのは、初めての事だそうですが、
奇しくも、500年前、日本に渡り、布教活動に従事した宣教師のほとんどが、
イエズス会の人だったということに、少なからず運命を感じました。
世界中のクリスチャンたちが、ラテン語を使わずミサを行っている今、
なんと、ヴァチカンと生月島だけが、いまだにラテン語でミサをあげています。
そして、ヴァチカンにさえ現存しない讃美歌(オラショ)が、
過酷な弾圧をくぐり抜け、いまだに、生月島に伝えられているのです。

来週のクリスマス祝日の月曜日、夕方5時からです。
12013年12月23日(月) 17:00〜
チャンネルは、NHK総合1chです。

この番組にご興味を持っていただき、御高覧戴けたら幸いです。
そして、感想、御意見など、伺えたら嬉しいです。

大寒の折りから、どうぞご自愛下さいませ。

かしこ

SHERRY YAMAGUCHI
b0189364_843133.jpg

by chikurinken | 2013-12-21 08:49 | 放送
<< 『麗しのサブリナ』(映画) 『いつも2人で』(映画) >>