ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『項羽と劉邦 (1)〜(3)』(本)

b0189364_823485.jpg項羽と劉邦 第123巻
横山光輝著
潮漫画文庫

 司馬遷の『史記』に出てくる項羽と劉邦の物語をマンガ化したもの。『項羽と劉邦』といえば司馬遼太郎の小説などもあるが、このマンガの原作がどれなのかはわからない。あるいは『史記』を基にした横山光輝オリジナルなのかも知れない。
 横山光輝といえば『三国志』が有名で、かつて10巻くらいまで読んだがあまりに長くて途中で断念した。『項羽と劉邦』ならば『三国志』と比べて短いようだから大丈夫だと思って読み始めたが、これも全12巻あるらしい。今現在1巻から3巻まで読んだが、高校生の時に漢文で習ったような話が出てくる。だが、『三国志』にも共通するが、登場人物がやたら多い上、名前も見たことのない漢字が使われていたりしてややこしい。横山光輝の絵も、あまり人物が描きわけされていないのでややこしさはひとしおである。もちろん、横山光輝だけあって、情景描写などは非常にうまいんだが、なんとなく面白味に欠けるような部分はある。もっとも『史記』自体、元々史書だから面白くてしようがないというような類のものではないとは思う。そういうわけでやはり教養のために読むということになるんだろう。
 第1巻は秦の始皇帝の政治から始皇帝の死、秦の暴政に対して民衆が立ち上がるという場面。その後、項羽、劉邦がそれぞれ名を上げて、第3巻終了時点で、項羽と劉邦が楚の国の王の命令で咸陽(秦の首都)に向かう。先に関中(咸陽の周辺域)に入った方がこの地を支配できるという約束になっている。これから項羽と劉邦が戦って、最後は項羽が散る……虞や虞やなんじをいかんせん……というような話になるんだろう。漢文で勉強したから知ってる。でも漢文で習ったような無味乾燥さはさすがになく、そのあたりはマンガならではで、横山光輝の面目躍如である。
★★★

参考:
竹林軒出張所『三国志 (1)〜(30)(本)』
竹林軒出張所『史記 (横山光輝版)(本)』
竹林軒出張所『殷周伝説 太公望伝奇 (1)〜(22)(本)』
竹林軒出張所『水滸伝 (1)〜(6)(本)』
竹林軒出張所『平家物語 (上)(中)(下)(本)』
竹林軒出張所『元禄御畳奉行の日記 (上)(下) (横山光輝版)(本)』

by chikurinken | 2012-07-03 08:03 |
<< やってくれるじゃないか、iTunes 『博士の異常な愛情』(映画) >>