ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『ある機関助士』(映画)

b0189364_8193975.jpgある機関助士(1963年・岩波映画)
監督:土本典昭
脚本:土本典昭
撮影:根岸栄
音楽:三木稔
出演:中島鷹雄、小沼慶三(ドキュメンタリー)

 国鉄(当時)常磐線で蒸気機関車に乗務する機関助士の目線で描かれる鉄道ドキュメンタリー。描かれている内容は、乗務、休憩、準備、乗務、それに訓練の様子とただそれだけなんだが、なんせ全編異様な緊迫感が漂っている。僕は鉄道ファンじゃないのでまったくこの記録映画のことを知らなかったが、鉄道ファンでなくても映像にあふれる迫力はよく伝わってくる。
 まったく知らない映画だったため当初は何の気もなしに見始めたんだが、すぐにこの映画の尋常じゃなさに気付いた。まずカラー映像が尋常じゃない。メリハリが利いたそれは素晴らしい映像である。さらに映し出される情景にもやたらに緊迫感がある。乗務も訓練もまったく手抜きがないが、それも映像から十分に伝わってくる。これを見ていると蒸気機関車の乗務の厳しさがよく伝わるが、同時に機関士、機関助士が抱いているであろう仕事に対するプライドも存分に伝わってくる。だから見ていてとても気持ちの良い映画である。
第18回芸術祭文部大臣賞、キネマ旬報短編ベストテン第1位
毎日新聞日本映画コンクール記録映画最高賞等受賞
★★★★

参考:
竹林軒出張所『裸の太陽(映画)』

by chikurinken | 2012-06-18 08:20 | 映画
<< 『わたしの小さな古本屋 倉敷「... 『オヤジたちの“ウォーターボー... >>