ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『デルス・ウザーラ』(映画)

デルス・ウザーラ(1975年・ソ連)
監督:黒澤明
原作:ウラジミール・アルセーニエフ
脚本:黒澤明、ユーリー・ナギービン
出演:ユーリー・サローミン、マクシム・ムンズク、スベトラーナ・ダニエルチェンコ

b0189364_9263183.jpg 黒澤映画で僕が一番好きな作品はこの『デルス・ウザーラ』だったりする。黒澤映画は、大げさな恥ずかしい表現が多かったりする上、演出が雑なことが多いんで基本的にあまり好きじゃないんだが、この映画は外国語(ロシア語)のせいかあまりそういったマイナス面が目に付かず、黒澤映画のダイナミックさなどの強みの方が前面に出ていて、良い仕上がりになっている。
 20世紀初頭のシベリア探検隊隊長、アルセーニエフとゴリド人の猟師、デルス・ウザーラとの交流の話で、原作はこの隊長のアルセーニエフが書いた紀行文である。映画はほぼ全編探検で、舞台はほとんどが森の中。主人公のデルスの名前は、映画では「デルスウ」と発音されていた。ちなみに東洋文庫から出ている原作本のタイトルは『デルスウ・ウザーラ』になっている。
 自然への畏敬の念や先住民の知恵に対する賞賛など、おそらく原作に内在するものなんだろうが、そういうものがうまく描き出されていて、テーマが明確な作品である。全編、ソ連映画らしい無骨さも漂うが、それもまた味と言えば味である。シベリアの自然の雄大さと過酷さ、人間の卑小さも伝わってくる。もちろん黒澤明らしいヒューマニズムも良い具合にちりばめられている。なかなかの快作である。ちなみに見たのは今回が二度目であった(内容についてはかなり憶えていた)。
モスクワ国際映画祭大賞、1975年アカデミー賞外国語映画賞受賞作
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『椿三十郎(映画)』
竹林軒出張所『用心棒(映画)』
竹林軒出張所『蜘蛛巣城(映画)』

by chikurinken | 2011-09-30 09:27 | 映画
<< 『わたしの渡世日記 (下)』(本) アシナガバチ考 >>