ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『地下室のメロディー』(映画)

b0189364_935175.jpg地下室のメロディー(1963年・仏)
監督:アンリ・ヴェルヌイユ
原作:ジョン・トリニアン
脚本:アンリ・ヴェルヌイユ、アルベール・シモナン
音楽:ミシェル・マーニュ
出演:ジャン・ギャバン、アラン・ドロン、ヴィヴィアーヌ・ロマンス、モーリス・ビロー、カルラ・マルリエ

 ハラハラドキドキの犯罪映画(いわゆるフィルムノワール)。原作はアメリカ製だが、舞台をフランスに移植して映画化したらしい。
 ジャン・ギャバンとアラン・ドロンの魅力もさることながら、セリフや映像、音楽など、あらゆる面で優れたエンタテイメント映画である。また仕掛けも巧妙で、見所の一つになっている。
 「イヤー映画ってホントに良いですね」と言いたくなるような映画らしい映画であった。
1963年ゴールデン・グローブ賞外国映画賞受賞作

追記:「お金は泥棒たち自身を貴族にする」
(『カルミナ・ブラーナ』「地上では至高の王様だ、今の時代、お金が」より)
★★★★

参考:
竹林軒出張所『ヘッドライト(映画)』
竹林軒出張所『暗黒街のふたり(映画)』
竹林軒出張所『若者のすべて(映画)』
竹林軒出張所『山猫(映画)』
竹林軒出張所『太陽がいっぱい(映画)』
竹林軒出張所『霧の波止場(映画)』
竹林軒出張所『望郷(映画)』
竹林軒出張所『地の果てを行く(映画)』

by chikurinken | 2011-06-21 09:05 | 映画
<< 『大地動乱の時代 地震学者は警... 『プルトニウムの恐怖』(本) >>